法律問題は相談LINEで解決!

HOME > 法律コラム


NHKが受信料滞納分を、いつまでさかのぼって徴収できるかが争われた訴訟で、NHKは10年と主張していましたが、最高裁は消滅時効を5年とする初判断を示しました。
ちなみに通常、借金は5年、または10年が時効とされています。その他に病院の治療費は3年、保険料請求権は1年、退職金は5年、海難救助料は1年、弁護士報酬は2年など。
今回は民事に関する時効について星野弁護士に話を聞いてみました。

認知症状のある人が徘徊をして列車に轢かれ、遺族に多額の賠償命令が出たというニュースを度々見かけませんか?
列車事故に限らず、窃盗など他の事例でも家族の監督責任とされる場合があるようです。
今回は、認知症高齢者による事件事故に対して、誰が責任を負うのかなどを星野弁護士にお聞きしました。

諸外国と比較しても自殺者数が多い日本。
主要国G8、OECD加盟国、双方で日本は上位です。特に年代別で見ると、男性中高年層はトップレベルです。
自殺は日本で、主要な死因となっています。

過払い金とは借金をした人が貸金業者に払いすぎた利息のことです。
そしてこれに関連して急増しているのが過払い金返還請求の弁護士・司法書士による着服問題。
返還されたにもかかわらず、依頼者に渡していないケースが度々ニュースになっています。

誰もが使っている携帯電話。
スマホ派、ガラケー派と派閥が分かれても、皆携帯電話であることは揺るがない事実です。
携帯電話、日本市場は飽和していると言われて久しいです。それでも皆一度はショップに出入りしたことがあるのではないでしょうか。

会社での不当な扱われ方や夫婦間のトラブル、住居に関する問題やお金の貸し借りまで様々な問題を抱えていながらも現状に耐えている人達が沢山いらっしゃいます。
そんな方に残されている選択肢は、泣き寝入りしかないのでしょうか?

「消費税をお客さんから取るのを忘れてしまいました!どうすればいいでしょうか?」
税務署で働いていたころ、ある事業者の方からこういうご相談を受けました。

先般、法人税減税の方向性が骨太の方針に明記され、数年で法人実効税率を20%台まで引き下げることを目指すという方向性が打ち出されました。
これだけ見ますと、企業の税負担が少なくなり、企業の国際競争力が強まる、といった印象をお持ちの方も多いと思いますが、実際のところ法人税減税が実現すると、我が国の税制上、大きな問題が生じることにもなります。

領収書に印紙を貼付し割印をして、あとは交付するだけ。と思っていたら、宛名を間違えてしまった。
貼付した印紙は割印して汚してしまったから、もう返して貰えない...そう思うのはまだ早いです。
このようなケースは、印紙を返して貰えます。

ゴルフ会員権の売買を巡る「損失」について、国税と納税者の争いが続いているようです。
事の発端は、今年3月末で変わったゴルフ会員権に対する課税方法です。
今年3月末では、ゴルフ会員権を譲渡した時の証券代金が、購入時より安くなってしまった場合、その損失分を他の所得(給与所得や事業所得)から差し引いて税金の申告をすることができ、所得税や住民税が安くなりました。つまり、ゴルフ会員権を売買して損をした場合は、税金が得をしたわけです。

あなたは友達や恋人にお金を貸したことはありますか?
そして貸したことを後悔したことはありませんか?

マイナビウーマンの2013年12月~2014年1月にWebアンケート調査の結果、実は恋人に借金をしたことがある女性はおよそ6人に1人くらいいるようです。さらに貸したことのある人のうちの約4割の人は貸したことを後悔しています。

よくメディアで取り上げられる有名会社の課税問題。国税に入られれば、悪いことなどしていなくても、何かしら税金の問題が発生するのが、この日本の難しいところです。

つい先日も、資生堂で問題になったのがこれです。

「資生堂が38億円申告漏れ 移転価格巡り東京国税局指摘」

音楽とは誰にとっても身近で当たり前な存在です。しかし、その聞き方にはとても厳しいルールが存在します。
そのルールを用いて音楽の著作権を管理しているのが、JASRAC。
では、もしJASRACの取り締まりがより徹底したものになった場合、今の日本はどうなるのしょうか? 
濱悠吾弁護士先生に聞いてみました。

本日(7月25日)までの発売になっている「サマージャンボ宝くじ」。
1等が4億円で、前後賞を合わせれば、最大6億円!なんだか毎年、当選金額がインフレになっている気がしますが、スゴい金額ですよね。

さて、宝くじが当たった場合、もらったお金に税金がかからない(非課税)であることは、よく知られています。

東京商工リサーチが今年6月13日に発表したレポートによると、2014年3月に公表された国税庁統計法人税表をもとに、2012年度の赤字法人の割合を調査したところ、全国平均が73.50%。2011年が75.21%、2010年が75.79%でした。

ある日突然解雇を言い渡された、退職するよう圧力をかけられた、あるいは、ちょっとしたミスから法外なお金を請求されるようになった、夫が浮気をしているようだ。などなど、普通に生活していても、ある日突然、トラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

生活費の補填として、夫に内緒で借金をしました。
給料は生活費と借金返済やパチンコで消え、預金をする余裕は一切ありません。
減らない借金にストレスがたまり、胃潰瘍にかかりました。
時折暴力をふるうほど短気な夫にどうしても協力を仰ぐことができません。

何かと気になる税金のこと。何も悪いことをしていない人ですら、税金の記事が気になるものですから、悪いことをしている人(?)だったら、もっと気になるのが「税金の時効」についてでしょう。

何かの被害を受けたにも関わらず、何も行動しないことを「泣き寝入りする」といいます。
「泣き寝入り」という言葉は非常にネガティブなイメージがあり「泣き寝入りするやつはダメなやつだ」というようにとらえられがちです。

消費者金融としてのイメージが強い武富士。
そんな武富士は過払い金請求の増加に伴い会社更生手続がなされました。

しかし武富士はそれ以外でも大変注目された事件があることをご存知ですか?