法律問題は相談LINEで解決!

HOME > 相続 > 遺言 > 亡母の遺言が民法第95条と908条に抵触・・・

亡母の遺言が民法第95条と908条に抵触・・・ 法律相談

質問

亡母の遺言が民法第95条と908条に抵触しますので無効確認をお願いしたい

カテゴリ
相続 - 遺言
投稿日
2010年10月27日
回答
1件

亡母が次のような自筆遺言書(検認済み)を残しました。
1 土地家全部をAの名義にすること。
2 残金によりAに一任しますので分けてください。

以上ですが、小生として次の理由により本遺言は無効と判断しています。
この判断が妥当なのか否かをお教え願います。
1の土地は亡父が残した公正証書遺言(平成21年1月発見)では母に相続させるとなっており、家=建物は長男である小生に相続させるとなっています。
従って、母は建物を相続したものではありません。
しかも、亡父の遺言書には父の自筆原稿が同封されていますから何事も母と相談する父でしたから遺言書も母と相談しながら作成したはずです。
また、生前の母は父の遺言書のあることを話していましたから母は遺言内容を知っていたことは間違いありません。
にもかかわらず母は建物も相続したものと錯誤してAの名義にすることと遺言しております。
これは民法第95条(錯誤による意思表示)が適用されて本遺言書は無効だと思うのですが、いかがでしょうか。
2の「Aに一任」ですが、民法第908条(遺言による分割方法の指定と分割禁止)によれば「第三者に委任し」となっていますので、Aは小生の弟で相続人の一員ですから第三者ではありません。
よって本条に抵触する記載として本遺言書は無効と判断しています。
いかがでしょうか。ご教授ください。

遺言の無料相談が可能な弁護士・司法書士を検索する

法律相談お役立ちランキング

  1. 1位

    遺言書(公正証書)の取り扱いと有効性

    カテゴリ
    相続 - 遺言
    投稿日
    2012年11月02日
    回答
    4件

    父が死亡して父の遺産相続について公正証書としての遺言書があります。
    相続人が長男・次男(私)・三男の3人になります。
    ちなみに遺言書は次男・三男の遺留分を侵害した内容になっています。
    父の生前の面倒を最後まで見てきた長男が、遺産相続段階で遺言書の執行人である信託銀行を独断で解任してしまい遺言書・・・

  2. 2位

    遺言書の書き方について(金融資産の特定方法)

    カテゴリ
    相続 - 遺言
    投稿日
    2013年06月30日
    回答
    2件

    銀行・証券会社等にある金融資産の相続について、二人の子(A・B)への遺言を考えています。
    今後も、取引銀行・支店・口座・金額等に変動がることを考えると、遺言書には、「Aには銀行・証券会社等にある全ての金融資産の1/3を、Bには残りすべての金融資産を相続させる」と記載し、具体的な配分は、相続後の遺産・・・

  3. 3位

    遺産分割協議書を作成するにあたり、母に全て相続させる場合の記載方法の相談です。

    カテゴリ
    相続 - 遺言
    投稿日
    2014年12月11日
    回答
    2件

    父が他界し、相続人は母と4人の実子です。
    父の車は兄1名が取得し、その他の財産に関しては全て母が取得するという内容で遺産分割協議書を作成したいのですが、この場合、兄が車を取得すること(この部分は車検証をもとに具体的に記載いたします)、それ以外の遺産は後日判明したものも含めて全て母が相続する、といっ・・・

関連サイト

相続の無料法律相談サイト